世界で、ここだけの場所に。

MANAGE WORK 総合職の役割

当社事業におけるすべての職域において、周囲と協力しながら総合力を発揮し、沿線の発展に貢献する。

京急電鉄の総合職に求められるのは、自ら考え、周囲と協力しながら主体的に行動し、京急沿線をさらに発展させていくことです。すべての社員が共有すべき価値観、挑み続ける目標としては、「京急ism」という人事ビジョンを掲げています。

京急ism(イズム)

~京急グループ人事ビジョン~

誇り
一人一人がプロフェッショナルとして自律し、
課題解決意識をもって業務に取り組む。
結束
目的・方向性を共有し、グループの連携力を
最大限に活かして業務に取り組む。
挑戦
新たな可能性に挑戦し、
お客さまに新しい価値を提供し続ける。

総合職に求められるのは 自ら考え、周囲と協力し、
すべての職域において主体的に挑戦できること

  • 周りを巻き込みながら、
    主体的に行動できる
  • 自分なりの視点や考えを
    しっかり持っている
  • どんな仕事でも熱意をもって
    全力で取り組める
  • さまざまな分野の仕事に
    興味をもてる

京急グループ全体の舵取りを担うために、ゼネラリストとしての力を養うキャリアステップ

京急電鉄の総合職は、若手のうちから責任のある仕事が任され、自分の意見やアイデアが求められます。将来的には京急グループ全体の舵取りを担うことを求められるため、約3~5年の間で下記の部門をまたぐジョブローテーションを行います。このようなキャリアステップを経て、さまざまな業務の経験を積み、多様な価値観を学び、ゼネラリストとしての成長を図ります。

管理部門

【例】

<グループ戦略室>
グループの経営戦略や各社の統括業務など、グループ全体に携わる業務を担当
<人事部>
採用・人事異動・人事考課や教育・労務管理などを担当
<総務部>
法務関係、社内の総務業務全般など、会社全体に関わる業務を担当

鉄道部門

【例】

<営業部>
駅業務の営業制度の取り決め・管理や、鉄道の利用促進企画などを担当
<施設部>
鉄道に関わる施設の管理や補修・改良計画、電気設備などに関する業務を担当
<運転車両部>
電車の「運転」や「車両」に関わる部署で、運転計画の作成などを担当

※技術系総合職は、主に鉄道部門内でのジョブローテーションとなります。

開発部門

【例】

<品川開発推進室>
品川周辺の再開発事業など、他部署と連携しながらまちづくり計画を担当
<リテール事業部>
沿線における商業施設開発や、新規事業の立案・実施に関する業務を担当
<まち創造事業部>
住宅事業の推進や、新規マンションの企画・設計・販売などを担当

将来的には、これらの部門・職種をまたぎ、
さらにはグループ会社への出向を含めた
ジョブローテーションを行っていきます。

PAGETOP